行動力を高め、現実化を促すオイルは…

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

昨日は恒例の(⁈)アロマを大量に使うメンテナンスに行って来たのですが…

 

今回のテーマはグランディングに特化したコースでした。

 

これは主に根や種のオイルを使い、地に足を付けながら

 

永続的な豊かさや自己実現を目指すことをテーマにした

 

トリートメントのコースでしたが…

 

(そういった波動の香を使って、肉体の周波数を変えて行きます…)

 

 

で、香りって本当に周波数なんだな~と思うのが

 

行くと、毎回、その時の自分に必要なオイルを機械で見るんですね…。

 

 

そうすると、不思議なことに

 

日本で手に入らない、海外のみで販売しているオイルが

 

ほぼ選ばれるのです…💦

 

 

ということは…

 

私は普段から割と頻繁にオイルを使っているし、

 

施術でも使っているので

 

そのオイルの周波数と自然と共鳴しているって事になります…。

 

 

だから、選ばれるのは割とマイナーなオイルというか

 

持ってないやつです…(笑)

 

 

だから、今、必要なオイルを知ることで

 

自分の状態を知ることが出来ます…。

 

 

 

因みになんですが、先日、今月のキャンペーンを受けて下った方

 

2週間前にも来て下さったのですが

 

その時にやった課題というかテーマは

 

自分の可能性を発揮するというのと、「ラブ」です…(笑)

 

そうしたら、好きな香りのボトルを選んでもらった時に

 

可能性を発揮するというボトルと

 

通称モテオイルを見事に選びました…!!

 

つまり、その状態になっているって事です✨

 

 

 

(良かったですね…💛)

 

 

 

と言う感じで、

 

香って本当に素直にその時の自分を現わすんですよね…!!

 

 

 

私は香りの中では実は種や根っこのオイルってあまり得意ではないのです…💦

 

 

で、根や種のオイルは

 

別名グランディングのオイルとも

 

言われていて、

 

地に足を付けるという意味もあれば

 

行動力をアップさせてくれたり

 

 

粘り強さだったり、

 

また、昔から、スパイス等は金よりも価値があるとされていた時代もあったので

 

豊かさの象徴とも言われています。

 

 

 

 

で、面白いのが願望実現系のオイルって

 

必ずローズやフランキンセンス等所謂周波数が高いオイルと

 

スパイスや根っこ等のちょっと重たい周波数の物がブレンドされているんですね。

 

 

で、特に現実化する時は

 

意図して、行動して行くって事が

 

必要なんですが…

 

その両方がバラナス良くブレンドされているって事に気がづきました…。

 

 

それで、なるほどな~と思ったのが

 

例えば願いを叶えたい時に

 

まず、自分がどうしたいか…と言うことが

 

はっきり分からなくてもある程度の方向性は

 

明確にしていく必要はあると思うのですが…

 

(それが分からないという方もいらっしゃいますが…

 

この話は長くなるので、今日は置いておいて…)

 

 

 

その後に行動に移すことが大事です。

 

で、この2つは必ずセットなんですよね…。

 

だから、やみくも願いを叶えたい…って

 

思って居たとしても、その仕組みが分かり、

 

自分がどこで躓いているかが分かれば

 

後はそれを実行するのみって感じなんですけど、

 

 

特に根っこや種(シード)のオイルは

 

行動力(現実化していく力)をサポートしてくれるオイルなんです…。

 

 

 

だから、いくら自分が自分の人生の主人公ですよ…って

 

言われたとしても、

 

結局は自分の意思と行動をしていくって事は

 

必要なので…

 

 

その辺りのバランスが

 

自分の人生を自分でクリエイトしていくって時に

 

大事なのかな~と

 

改めて思いましたね。

 

 

今、なんとなく物質的な豊かさがテーマだったり、

 

 

 

なかなか思うように動けないって時は

 

是非、種や根っこのオイルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは今日もお読み頂きありがとうございました。

     

         感謝を込めて。

 

                 美癒(miyu)

 

 

 

 

 

          

 

 

 

 

 

 

コメントを残す