もう、「苦労、苦痛は終わり…」

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

 

先ほどの記事のみゆママが本当に心から

 

苦労、苦痛の人生を終わりしようと決意した時の体験談です。

 

 

 


退院した翌日

 

(脳内出血で倒れて、少し身体に麻痺が残っていて、

 

その後のリハビリを兼ねた入院でした。

 

意識や気持ち、気力、体力等は

 

有り余ってます…笑)

 

 

 

まだ、車の運転は怖いので、

 

お買い物にも行けず、

 

お腹が空いてきて、どうしようかな…と思っていました。

 

 

母は病院のご飯があまり口に合わなかったので

 

久しぶりにおいしいご飯を食べたいと

 

あるごはん屋さんに行ってみたいと言い出したのです…。

 

 

私は土地勘がないのと、車の免許すら持ってないないので

 

感覚が分からなかったのですが…💦

 

 

すぐそこだから、歩いて行ける(1時間もかからない…)

 

と言うのです…。

 

 

動かないと身体が訛るから、リハビリがてら

 

行ってみることにしました。

 

 

 

私は元気そうだし、私が居るから大丈夫だと思い、

 

「いいよ」とワクワクしながら出発したのです…。

 

 

そうしたら、なんと片道2時間(距離でいうと家から4キロもあるところでした…💦)

 

私も途中で、何度も引き返そうかとか

 

 

タクシーを呼ぼうとか思ったのですが、

 

 

なんせ、田舎でタクシーも走ってないのです…💦

 

(人も歩いないどころか、車もそんなに走ってない道です…💦)

 

 

もう、ゴールまで行くしかないのです…💦

 

母は最初、頑張っていたので、

 

それはそれで、母が超えたい事だからいいかなと思っていたのですが、

 

だんだん、それは母の今までの地球上での人生における

 

古いパターンだと気がづいたのです。

 

(地球独自のパターンで、本来の私たちの意識ではありません…)

 

 

 

頑張らないとダメだ…。

 

負けちゃダメ…

 

人に頼ってはけない…

 

苦労、苦痛は当たり前…

 

あきらめてはダメだ…

 

 

 

そう、彼女はそうやってずっとずっと頑張るとか

 

苦労する…とかそれが出来たら愛される…

 

そう思って、人生、がむしゃらに走り続けてきたのです…💦

 

 

そして、私は一緒に手を引っ張りながら

 

運よくタクシーが通らないかな…と

 

わずかながらの期待をしながら

 

一緒に歩き続けました…💦

 

 

そして、母のエネルギーをリーディングしていくと

 

そこに無価値観があったのです…。

 

つまり、頑張らないと愛されない…は

 

その奥に眠っているのは無価値観です。

 

(自分には価値がない。だから頑張らないとダメだ…)

 

という思い込みです。

 

そして、そう思っていると人生は非常に厳しいものになってしまうのです。

 

いつも敵という者を登場させ、勝ち負けや自分が正しい…、相手が間違っている…

といった争の人生も創り出してしますのです…💦

 

 

 

その仕組みを伝えたのですが…

 

彼女は分かっているものの、

 

 

母は後、もう少しで着くから頑張ると言って

 

あきらめませんでした…💦

 

 

(これは彼女はエゴの声だと後から気づいたのですが…

 

その時はもう、頑張るしかない…と

 

病み上がりの身体に鞭を打って、

 

最後、ふらふらになるまで杖を突いて、歩き続けたのです…💦)

 

そして、何とか出発から2時間かけて、約4キロ先の目的地までは

 

たどり着き、

 

とにかく、私たちはお腹がペコペコだったので

 

おいしくお料理は食べましたが、

 

母は最後、身体の感覚が全くなり、

 

気力だけで辿り着いたって感じでした…💦

 

 

そして、落ち着いたところで

 

私のスタピ塾の講義が始まりました…(笑)

 

 

そうしたら、母は

 

自分の人生を振り返ればいつもこんな感じで

 

苦労、苦痛が当たり前だと思って頑張ってきた…。

 

でも、良くならなくて、それで、もっと頑張ろう

 

もっと頑張らなくちゃって、

 

それが逆に自分の人生をより苦しいものにしていた…

 

ということが分かり、

 

入院して、終わるどころか

 

まだ、身体がまだ本調子じゃないにも関わらず

 

こんな事までして、自分を苦しめていたんだね…💦

 

 

 

その仕組みが良く分かったよ。

 

そして、今までは頑張らなくちゃ成長しない(愛されない)

 

というパターンは分かっていて、それは辞めようと解放してきたけど、

 

 

その下には無価値観があったんだね…。

 

 

それを見ないようにして、頑張っていたんだね…。

 

 

 

今回、こんな痛い思いをしてよう辞めようと思った…

 

 

と、話してくれました…(^^♪

 

 

 

それが心底分かった時に

 

気持ち悪い感情の塊が上がってきたそうです…。

 

それを見たとき、

 

「私、今まで何やってたんだろう…」

 

今、目が覚めたよ。

 

って気持ち悪いんだけど、どこか笑っちゃうような

 

なんとも複雑な心境でしたが、

 

彼女の中で、もう心底この感情を辞めよう

 

(つまり手放そう…)と思ったそうです。

 

 

そして、もう二度と、あんな思いをしたくない。

 

(だからその意識を使わない…)

 

と納得したそうです。

 

 

これが意識の反転が起こったということです。

 

(※先週、何名かの方の個人セッションを行っていて

皆さん、意識を反転させたいっておっしゃってましたが

こうして、身をもって体験するという方も居ます…)

 

 

ほんとに自分の使っていた感情や信念、思考パターンを

 

終わらせる時(腑に落ちるとき)ってこのような気づきが起こります。

 

 

 

私から見たら、母は入院しても、その事が分からなくて、

 

さらにエスカレートし始めて

 

今の私では(病気)ダメだ…ってなっていたので、

 

きっと、彼女のハイヤーセフルがそれを終わらせるために

 

この事を引き寄せたのかな…と思いました…💦

 

 

 

また、それは私の中にあるものでもあるので、

 

きっと、一緒に体験したんだな~と思いましたね…💦

 

 

それにしても苦行でした…(笑)

 

 

私はそこはだいぶ前に多少は抜けていたので

 

 

もし、どちらかが抜けていなかったら、

 

 

きっと「良くやったね…」

 

「もっと、頑張ろう…」って

 

あの場でなっていたと思います…💦

 

 

 

もちろん、頑張る事が決して悪い事ではないのですが、

 

無価値観から愛される為に頑張るというのは

 

今までの古いやり方です…。

 

 

きっと母は今回、痛い目に合って

 

それに気づくという体験をしたかったのですね…💦

 

 

 

これは母と私の体験でしたが、

 

今はこうやって、もう要らなくなったそれぞれの古いパターンを

 

終わらせる時が来ています…。

 

 

そうして、私たちは本来の自分という愛と平和、調和に満ちた

 

軽やかな意識に戻っていくのです。

 

 

 

必要な人に届きますように…。

 

 

 

 

   感謝を込めて。

 

          美癒(miyu)

 

 

 

 

 

コメントを残す