癒しに終わりはあるのか…?!

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

 

今日のタイトルもちょっとドキッとしますが…💦

 

結論から言えば、YESです。

 

 

今、セッションをやっていて思うのが

 

皆さん、アレ~

 

私、悩みが消えている…。

 

って言う方が多いです。

 

 

 

特に昨年1年間、頑張って向き合ってきた方(事)こそ

 

今、それを感じていると思います。

 

 

 

また、それはアロマセッションをやっていると

 

顕著に現れます…。

 

精油の落ち具合で、分かります…

 

(私のアロマセッションは原液を直接、背中にドロップしています)

 

 

昨日も秋位にレインドロップセッション

 

衝撃を受け、

 

年末にゴールデンドロップセッションを受けて

 

自分が一番、受け入れたくなかった事を許すことが出来た彼女…。

 

再び、レインドロップセッションを受けて下さったのですが、

 

 

 

そうしたら、

 

「アレ、今回は初回の強烈な感じがない…」

 

とビックリしていました!!

 

 

 

で、やっている私が一番良く分かるんですが、

 

ホントに軽いんです。

 

 

受けるのが初めてだったり、

 

また集合意識も重かった頃は

 

本当にレインドロップとか

 

一回受けると、1日中ぼーっとするとか

 

そんな感じでしたね…💦

 

 

でも、今ってホントに軽やかになって来ているんですよね。

 

 

その証拠に

 

 

「あー、今日のヒーリング、

 

今までで1番幸せな気持ちになりましたー


なんか、宇宙が愛おしい。


今まで、見守っていてくれてありがとう。


いつまでも気づかなくてごめんねっていう気持ちが溢れてます。

 

なんだか幸せ。


みゆさん、本当にありがとうございました❣️」

 

 

こんな感じですからね~💛

 

 

 

今はもう

 

過去を癒すとか、

 

ブロックを外すとか

 

そういう感じでなく、

 

ただただ、至福~とか

 

幸せ~とか

 

そんな感じになって来ている方が多いです(^^)/

 

 

 

一方で、今、ちょっと苦しそうな方もいらっしゃいます。

 

 

人生で一番、深い問題が出て来たり、

 

 

今まで、ずっと取り組んで来たのに

 

なかなか変わらない…

 

そういった事が浮き彫りになって来ている方も

 

いらっしゃると思います。

 

 

 

でも、私はそれはそれで素晴らしくて素敵な事だと

 

思っています(^^)/

 

 

なぜなら、あなたはその事を通して

 

一番、幸せになりたいからです。

 

 

そして、その事を通して、目覚めると決めて来たのです。

 

 

私は一番、苦しい事が目覚めと関係あると思っています。

 

 

最終目標は勿論、幸せになることなんですが、

 

それは同時に目覚めるということでもあります。

 

 

 

宇宙は目覚めを通して、あなたを幸せにしたいと思っています。

 

 

だから、叶えたい事もあると思いますが

 

先に目覚めてしまえば叶うということになります💛

 

 

又はそうなってくると、

 

本当の望みが自然と分かるんです。

 

 

だから、なんで私ばっかり、こんなに苦しいんだろう…とか

 

 

一生懸命頑張ってるのに…とか

 

理不尽さも感じる事があるかもしれませんが

 

 

そんな時こそ、目覚めのチャンスです。

 

 

そして、そこを超えた人達は

 

例えなにがあったとしても

 

常に根底に流れる愛を感じる世界へと

 

入っていきます。

 

 

それは癒しが終わった後の世界です…。

 

 

 

 

その世界へ行ったとしても

 

悩みは迷い、エゴの声は出てきます…

 

 

 

だけど、選択の自由があるの…。

 

そして、自分で創っているんだって分かるの…

 

自分の痛みや苦しみを超えた時、

 

全てがあるって分かるのです。

 

 

その時、誰も許されていて、

 

愛おしい存在だって分かるから…。

 

その時、あなたはこの世界を美しいと思えるでしょう✨

 

 

宇宙は愛で出来ているって事が必ず分かります…。

 

 

 

 

   今日もお読み頂きありがとうございます。

 

      感謝を込めて。

 

           美癒(miyu)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す