扉が開く?締まる?

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

この前、アロマのお茶会の後にみんなで

 

食事をしていた時に

 

「目覚めの扉が開くって言う派と

 

締まるって派が居るんだけど…

 

それってどういう事なんだろうね…」

 

って、会話になりました。

 

(いかにもスタピっぽい会話ですが…笑)

 

 

そうそう、私もそういう言葉を良く聞くんだけど、

 

私の感覚だと、開くって感じもするんだよね…。

 

どっちだろう…って思っていたら

 

(まあ、どっちでもいいんだけど…笑)

 

 

いきなりガイドが

 

「目覚めを選択した者にとっては開かれると感じて、

 

目覚めを抵抗している者にとっては閉じていくと感じる…」

 

 

 

と教えてくれました(笑)

 

 

(なるほど…。

 

これは私の感覚なんだけど、

 

電車に間に合わない…💦って言うよりは

 

これから、どんどん軽くなっていくというか

 

自然とワクワクするというか…。

 

皆さんも最近、感じませんか?

 

 

不安感が減って来たとか…

 

自然体で居て、凄く楽とか…。

 

思った事が直ぐに実現しちゃうとか…笑)

 

 

 

 

 

これもスタピあるあるなんだけど、

 

スタピの皆さんってちょっと先を行くというか

 

例えば、これが流行るなって思った事があって

 

自分はやってて、その時はバカにされたりするんだけど、

 

後から流行るって事ありませんか?

 

私は昔から凄くその傾向が強くて

 

自分が飽きた頃に周で流行りだすとか…💦

 

 

お客様の中にも

 

そういう人が多く

 

それでいじめられて、才能を出せなくなったって方が

 

凄く多いですね。

 

 

 

本来の意識を忘れないでちょっとでも感覚が残っている者からみたら

 

この星はえっ?って思う事が多くて💦

 

それで、やっぱり自分がおかしいんだ…

 

ってどんどん本来の意識を忘れて

 

どんどん自信を無くしていくか、

 

この星で優等生になっちゃってるだけなんで💦

 

 

 

それでも、そろそろこの星全体も

 

みんなが本来の意識を取り戻してゆく時が来たから

 

 

 

ただそれだけなんだけど…。

 

 

 

ただ、そこには沢山の使っていた意識があったり

 

ちょっとしたカラクリがあるから、

 

最近の個人セッションでは皆さん、

 

 

「目覚め劇場とか言って」

 

 

終わった後はみんな大笑いして帰ります…(笑)

 

 

 

後はこの前、来て下さった方も

 

「これが最終地点でした。

 

 

もう、セラピージプシーは卒業します!!」

 

って、宣言して帰りましたからね…。(笑)

 

 

 

本当にそうなる(笑)

 

 

だって、人生最大の答えが分かっちゃうからね…。

 

 

 

私たちは本当はその答えを分かっちゃったらつまんないから

 

まだ遊びたいんです(笑)

 

この言葉の意味がセッションを受けた方は物凄く分かると思いますよ。

 

それで、みんな、自作自演していたことに

 

大笑いして、帰るの(笑)

 

ということで、最近のセッションは楽しいです。

 

 

そして、今まで思い悩んでいた方ほど

 

楽しくなるから不思議ですよ。

 

ということで、11月はそんな個人セッションのキャンペーン

 

やります!!

 

 

 

普段、コースにない

 

60分コースを期間限定で11,000縁で

 

提供しちゃうので

 

 

初めての方でお試しで受けてみたいって方や

 

 

目覚めについて、イマイチ、分からないとか

 

不安があるとか

 

いつも同じところでぐるぐるしているとか…。

 

 

色々と終わらせて、サクッと軽くなりたい方が

 

居ましたら

 

 

是非、この機会に個人セッションを受けてみてくださいね~。

 

もう目覚めの扉が開くとか

 

締まるとか、そんなの気にならなくなりますよ…。

 

 

 

色々、模索しても

 

答えは一つだから

 

 

これからはそこに向かていくだけで、

 

よりシンプルになって来るのかな~と

 

 

個人的には感じています。

 

 

 

 

必要な人に届きますように…。

 

 

 

 

          感謝を込めて。

 

          美癒(miyu)

 

 

 

 

 

コメントを残す