エッセンシャルオイルの力を使って目覚めよう!!

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

日に日に目覚めが強くなっている(早くなっている)

 

今日、この頃…

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

 

(今、みんな脱皮中って感じですね💦)

 

 

 

ということで

 

今週の水曜日(16日)に開催される

 

月一恒例のアロマのお茶会の今月のテーマは

 

ズバリ

 

 

 

「アロマで開眼」です!!

 

 

開眼とは仏教用語では真理を悟るとか

 

 

見えない目を開くとか色々な意味がありますが…

 

 

今回は

 

 

普段あまり、使わないような

 

神秘的なオイルを使って

 

瞑想をしながら、ハイヤーセフルと繋がったり

 

松果体を活性化して、第三の目を開くような

 

ワークをやってみたいと思います。

 

 

(いつもの事ながらスタピ塾並の内容になりそうです…笑)

 

 

第三の目が開かれると目に見えない物が

 

見えるというのは勿論あるんですが

 

それにより眠っていたサイキックセンスが

 

開いてゆきます…。

 

 

 

(サイキックセンスはホントに誰にでもありますし

 

特別な事ではありません…)

 

 

今回のワークの目的は

 

真実を観る目を養うことと、

 

 

ハイヤーセフル(他のマスター達)と繋がりを深める

 

ということをやってみようと思っています。

 

 

 

 

香りを使う事で

 

リラックス効果が高くなり

 

潜在意識とアクセスしやすくなるので

 

それにより、見えない世界と繋がりやすくなります。

 

 

 

また、今の時期

 

とても情報も増えていて

 

 

色々な人が色々な事を言ってますよね…。

 

 

自分軸がなかったり

 

真実を見極める力がないと

 

振り回されてしまい、

 

間違った方向に行ってしまう事もありますし…

 

それによりちょっと疲れ(憑かれ)ている方も多いように感じて居ます。

 

 

 

ということで香りを使って

 

しっかりと自分と繋がり

 

真実を観る力を養って行きましょう(^^)/

 

 

 

前回、サトカツさんのワークショップでは

 

松果体を使って身体を楽にするワークを

 

教えて頂きましたが、

 

私の方では松果体を活性化して

 

つまりを取り除き、

 

 

真実にアクセスする感性(目)を養うような

 

ワークをしてみたいと思います。

 

 

サイキックセンスは誰でも持っています。

 

 

ただ眠らせているだけなので(自らが…)

 

それを安全に開いていくワーク等もやりたいと思います。

 

 

また今回、使うオイルは

 

スピリチュアルティの強いオイルなので

 

沢山のマスター達と繋がるワークや

 

遠隔ヒーリングも行いたいと思います。

 

 

 

 

 

そこまでは密にならないと思うので

 

出来れば会場で香りを嗅ぎながらワークしたいのですが

 

(というのも今回は珍しいオイルを使用する予定なので

 

持っている方が少ないと思います…)

 

 

直接、会場にお越し出来ない方の為に

 

今回もzoom参加も可です。

 

 

 

いつものようにアロマを使った遠隔ヒーリングを

 

行ったり、その他、今、起きている出来事や

 

今の時期の過ごし方

 

 

セフルケアの方法等

 

今回も盛沢山の内容で行う予定です。

 

良かったら是非、お越しくださいね(^^)/

 

 


 

9月16日(水) 11時~13時 

 

四ツ谷 スターリーリーブスサロンにて

 

(終わった後にランチ会を行う予定です)

 

会費 2,000縁

 

 

(ちょっとこのお値段ではあり得ないって内容になると思います)

 

参加希望の方は

 

直接連絡を頂くかこちらまでご連絡ください。

 

※アロマをお持ちじゃなくても

 

興味があるって方でしたら、初めての方でもご参加出来ます。

 

 

 

因みに翌々日の金曜日は

 

ヒーリングミーティングも開催します。

 

こちらもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

それでは刻一刻と目覚めに向かっていくこの季節(時期)

 

皆さんと一緒に楽しく目覚めてゆきましょね。

 

 

必要な人に届きますように。

 

感謝を込めて。

 

      美癒(miyu)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す