身体(自分)に意識が向くと本当の望みが分かる⁈

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

昨日は第一回目のちょっと体育会系(?!)のスタピ塾

「考えるな感じろ、今ここを生きる」を開催しました。

 

皆さん、いかがでしたか?

 

一夜明けて身体の感覚はどうですか?

 

昨日はスピリチュアルというよりは

身体に完全にフォーカスしたワークショップになりましたね。

(身体を使ったエネルギーワークを沢山行いました)

 

 

私がレポートするよりも分かりやすい感想をくれた方が居たので

ご紹介させて頂きます。

 


みゆさん

今日は楽しかったです。

早速、家でもやってみます。

 

武術?武道?の型をやっているみゆさん

かっこよかったのでまた今度見たいです(笑)

 

最後の懇談会で本質的な悩みをお話させてもらえるとは

思ってもみなかったので、あの流れは本当にびっくりしました…。

皆様にも感謝です。

 


ありがとうございました。

 

 

昨日のブログにも予告的に書きましたがガイドから

「プチ講座になるよ」とは言われていたんですが

案の定、終わった後はいつものスタピ塾って感じでしたね(笑)

 

(昨日は全員、女性ということで22日に行われる特別遠隔ヒーリングの

準備運動的なプチ講座になりましたが、それが凄い深いお話になりましたね)

 

で、ちょっとここで大事な事というか解説をしたいのですが

あの後、根本的な悩みや自分の本当の望み(欲求)が分かったという方が

多かったんですが、それが本当のこのワークショップの目的です。

 

昨日、やった動きは全てセフルセラピー的な動きで

自分で出来るエネルギーワークなんですが、

それをみんなで行い、不要なエネルギーを解放したり

思考を全く使わずに、ただあるがままの自分の身体を感じるワークを何種類か

体験して頂きました。

 

 

その後のプチ講座で皆さん、自分の深いところに気づかれましたね。

 

そこに気づく事が今回のワークショップの目的です。

 

 

その事を皆さんに体験してもらいたかったので

やはりガイドはちゃんと誘導してくれたんだな~と感謝しています。

 

 

普段、頭で考えたり

色々な制限の中で模索していると思うのですが

それを一旦辞めて、自分の身体に意識を戻すこと。

 

そうすると本当の自分が見えてきます。

 

本当の自分は何を望んでいるのか…

(もしくは何に悩んでいるのかとか)

 

 

それを私は皆さんに体験して頂きたかったので

私もまさか、あんなに直ぐに本質的な部分に気づくとは

思ってもみなかったので、やっぱりみんなでやるっていいですね💛

 

 

(気づきが早いし

しかもその場に居る人達で色々なシンクロが起こったり

また自分の悩んでいた事をクリアされている方が居て

参考になるし、頼もしいって感じでしたね。

皆さんのご縁というか引き合う力を感じました)

 

 

またそれぞれが個性を発揮し

あの場を全員で創っているって感じがして

スタピ塾をやっているとその絶妙なバランスが私は純粋に好きです。

 

 

誰もがそのままでいいし、それぞれの個性があり

役割があり、それが絶妙なタイミングで起こっているので

私はそこに宇宙の本質(愛)を感じるのです。

 

この星はそうやってみんなの愛で出来ている。

私たち一人ひとりひとりが愛なんです。

 

私はレイキヒーリングや武道を長年やって自己鍛練してきた人なんですが

どちらも究極的な境地は

「私たちは小宇宙であり、愛であり光である」と言う境地なんですが

 

 

一夜明けて振り返ると

昨日は約3時間どっぷり身体に意識を向けていたので

惑星意識に目覚めちゃって(笑)

改めてこの星は皆の愛で出来ているし

私たちの身体は愛そのものだし、

宇宙の神秘の力で動いているんだ~って思っちゃって。

 

皆さん、一人ひとりが美しく愛おしく感じました。

 

私も誘導しながらですが、自分の身体の感覚に目覚めたら

壮大な意識状態になっちゃって…

凄い事になっていますが…笑

 

そんな素晴らしい時間を皆さんと共に過ごせたことに感謝します。

 

ありがとうございました。

 

もし感想読んでご参加したいな~と言う方でもし日程が合えば

23日にも行いますので、良かったら遊びに来てくださいね。

また違った雰囲気のクラスになると思っています。

 

それでは今日もお読み頂きありがとうございました。

 

感謝を込めて。

 

美癒(miyu)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す