どんどん軽やかになっていく…

いつもありがとうございます。

ボディ&メンタルセラピスト

エネルギーヒーラーの美癒(miyu)です。

 

最近、全体を見ても軽くなったな~と感じます。

 

昨日もあるワークショップに参加したのですが

もう悩みとか重たい波動でさえ

一瞬で変化しちゃう時代になりましたね~。

 

今年から思うところがあり

あるワークショップに参加し始めたのですが

 

私が初めて参加した時は会場全体がとても重々しい波動でしたが

(エンパス体質なんで、それはそれで結構苦しいものがあります…💦)

 

回を重ねるごとに自分も含めて、みんなの波動も軽やかになり

どんなに重たいエネルギーでも

今では一瞬でガラッと変わってしまうような…

 

もうそんな時代になってきましたよ~。

 

ちょっと分かりやすく説明すると

 

例えばある重たいエネルギーを解放(キャンセル)するとします。

 

一度、解放したら、もうそれだけです(笑)

 

えっ~、て思う方もいるかもしれませんが

 

そこで、原因を追究したり、掘らなくても大丈夫です。

 

もう既に終わった(ない)って思えばいいのです。

 

まあ、私も最近、セッションではそう伝えているし

というか悩みがないという人が多い…笑

悩みというよりは自分の使命(貢献)に向かって動いている人が多いです。

 

ただそこからがある意味、本番というか本当の恐れが

立ち上がってきますよ。

 

大元の分離の原因は高次元の自分と肉体の自分の分離です。

今の全体の流れはそこの統合に向かっています。

この事はものすごく重要になってきます。

早い人はそれが始まっています)

 

 

 

ただこの事がきちんと理解して

実際に新しい波動に変化している人はまだまだ少ないと思いますが…

 

でももうそんな時代になりますよ。(なっています)

 

(このことはブログで説明してもあんまり分からないので

実際に話を聞いて理解して、エネルギーを受け取ってみないと

分からないとは思いますが

なんとなくこんな感じになるんだ~と理解するだけでOKです)

 

今、夏至に向けてどんどん光が増えているのを感じています

(春分の日とか夏至、冬至等は宇宙のポータルが開く為

その前後で宇宙から大量の光が降り注ぎます)

 

個人的には6月の夏至はものすごく重要になってくると思います。

(というかそれに向けて、今から重要って事です)

 

今、それに向けて6月のキャンペーンも検討中です。

 

前からガイドにも言われているのですが

6月はパートナーシップに関して動くらしいです💛

なのでそれにちなんだ事を一つやろうと思っているのと

 

夏至に向けてどんどん光のゲートが開いていくので

それを受け取る為には軽くしていく事が重要になっていきます。

(要するにクリアニングです)

 

目覚めというのは簡単に一言で言うならば波動を上げていくことです。

(変えていく、周波数を変えていくということです)

 

その波動を重たくしているのは過去の古い感情(波動)や

罪悪感とかそういうのです。

 

錘みたいな感じで私たちの周についているので

それをどんどんリリースしていけば良いだけの話なので(笑)

 

私は簡単に書いていますが

それがなかなか出来ないのです。

 

ということでその辺りをサポートするような

セッション等を検討中です。

 

 

 

更に夏至の日の特別ワークショップショップですが

軽く募集したところ、22日と23日で二つに分かれ

どうしよう~って思っていましたが

ターニングポイントとなりそうなので

どうせだったら2日ともやっちゃえって思っています(笑)

 

(今回は日本の神様について重要なお話とエネルギーワークを考えています。

相当なエネルギーを受け取れると思っていてください。

それを2、3日前にやろうって思ってから色々な存在が私のところに

来ています…笑)

 

 

 

そんな感じで少々、大胆になる位でいいかな~

 

それくらい軽やかなんですが

飛ぶのに勇気がいるよっていうような感じの

エネルギーですね。

 

(多分、今、こんな感じの人が多いのかな~と思います)

 

今日の記事は今の状況やこれからの流れ(方向性)等を

感じるままに書いてみました。

 

 

かなり重要な記事になっていると思います。

 

今、分からなくても大丈夫です。

後から徐々に分かって来ると思います。

 

 

ご参考になさってみてください。

必要な人に届きますように…

 

愛と光を込めて。

 

 

美癒(miyu)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す